私の実体験から選んだおすすめのむくみサプリは?

待望の妊娠を経て、胎動を感じる妊娠中期に差しかかると顔や足がむくんでしまったりします。

 

私の周りの友人もその悩みを抱えていた妊婦さんは多く、足首が無くなるほどむくむ人も居ました。

 

今回どうして妊婦さんはむくんでしまうのか、そのむくみは赤ちゃんには影響はないのかをお話しします。

 

女性は妊娠すると12週から血液の量が増え始め、34週目に入ると通常時よりも最大30~50%も血液が増えると言われています。

 

これはお腹の赤ちゃんと胎盤を有する子宮が大きくなることから、より多くの血液を必要とするためです。

 

血液の中でも「血漿」と呼ばれる液体がかなりの量で増えていきます。

 

しかし、の血漿には血球などの細胞は含まれていないので90%以上が水ということになります。

 

要するに、血液は水分が多くなり、サラサラの状態になっています。

 

血液がサラサラになっているということは、血管をスムーズに流れやすいので、血栓を防ぎ、胎盤の循環も良くなり、赤ちゃんへ栄養がいきやすくなります。

 

お腹の赤ちゃんにはメリットはありますが、一方で血液中の水分が増えれば自然と全身がむくみやすいという状態になってしまいます。

 

また、妊婦さんの足がむくみやすいのは他に、大きくなった赤ちゃんの重みが加わる事で、足の付け根の太い血管が圧迫されてむくんでしまうことも考えられます。

 

このケースはお腹が大きくなる妊娠後期に多く見られます。

 

妊娠中は赤ちゃんの分も含め、酸素や栄養素、老廃物を運搬するなど母体にはかなりの負担がかかっているといえます。

 

妊婦さんがむくみやすいメカニズムは理解できたかと思いますが、妊婦さん全員がむくむわけではありません。

 

妊娠中にむくみに悩む妊婦さんはおよそ30%です。

 

ではどんな人がむくみやすいのでしょうか。

 

妊娠前にデスクワークが中心のお仕事や接客などの立ち仕事をしていた方がむくみやすいです。

 

むくみというのは細胞の間に余分な水分が溜まってしまうことで起こるものです。

 

また、冷え性や運動不足、高齢出産の方もむくみやすい傾向があります。

 

これは体内の機能低下により、水分を上手く排出することができなくなっていることが考えられます。

 

妊娠中はホルモンの影響で、些細な事でも敏感になってしまいます。

 

むくみによって赤ちゃんへの悪い影響はありません。

 

むしろ赤ちゃんのために体が対応し、赤ちゃんも育んでいる証拠になっています。

 

妊娠中のむくみが酷く気になるようでしたら、無理な食事制限などは行わず、マッサージをしたり、足を高くして寝るなどしてみてください。

 

 

私の実体験から選んだおすすめのむくみサプリは?

 

するるのおめぐ実の特徴

大人気ママ雑誌のモデルさんも使用しているむくみサプリメント。デトックス作用のあるカリウムが豊富なとうもろこしのひげが配合され全身のむくみがすっきり。定期的に摂取するとお通じにも効き、お肌の調子も良くなるなどダイエットや美容にも効果的なオールインワンサプリメント。

初回価格 980円
評価 評価5
主成分 カリウム
 
 

ホスピレッグの特徴

湘南美容外科グループの欠陥外科専門医監修のむくみサプリ。足のめぐりに良いとされる赤ワインの300倍のポリフェノールを含んだ赤ブドウポリフェノール入り。口コミでは「効果があった」「むくみが改善した」ととても評判が良く、ヨーロッパの女性のような白く美しい脚に。

初回価格 4,600円
評価 評価4.5
主成分 赤ブドウポリフェノール
 
 

Su.Ra.Ri(スラリ)の特徴

首都圏で100店舗以上もあるリラクがプロデュース。パンパンの悩みと冷え性も同時に解消、23種類もの美容エキスで女性に嬉しい美容効果。全額返金保証付なので気軽に始められるのもポイント。

初回価格 4,980円
評価 評価4.5
主成分 メリロート