私の実体験から選んだおすすめのむくみサプリは?

長時間立ち仕事をしていたり、デスクワークでずっと座りっぱなしだと足がむくんでしまいます。

 

むくみは女性に多い悩みだと思います。

 

むくみに効果的な成分で代表的なのは「メリロート」です。

 

皆さんも一度は耳にしたことのある成分ではないでしょうか?

 

サプリでも有名な大手DHCさんからもメリロートは販売されています。

 

また、むくみケアのサプリメントの多くにはこの「メリロート」という成分が含まれています。

 

早速、このメリロートは「むくみ」にどのように働きかけてくれるのか、副作用はあるのかなどを探っていこうと思います。

 

メリロートはヨーロッパからアジアにかけて広域に渡り自生するマメ科のハーブです。

 

甘い香りが特徴で、別名「スイートクローバー」とも呼ばれる程です。

 

メリロートは近年より利用されているように感じますが、意外にも歴史は古いのです。

 

昔は薬として活用されてきました。

 

効能は患部の炎症を鎮める効果や毛細血管を上部にする働きがあり、頭痛や消化不良、静脈りゅう、血栓症の改善に効果的です。

 

日本では主に痔薬や血行不良による痛みの鎮痛に使用されており、ヨーロッパでは消炎用の医薬品として使用されています。

 

余談ですが、薬の他にも料理のスパイスとして食用にも使われていたことが分かっています。

 

ここからメリロートが何故むくみにいいのかをお話していきます。

 

むくみは下半身の血流が悪くなってしまい、リンパ液や血液の水分が下半身に滞ってしまうことにより起こってしまう現象です。

 

メリロートといっても、メリロートという植物の中にはいくつかの成分が含まれています。

 

その成分は以下になります。

 

①クマリン

 

血液が直ぐに固まるのを防いで、リンパ液や血流の流れを良くする。

 

②サポニン

 

メタボや肥満予防になる他、ガン予防になる。

 

③ケスセチン

 

血液中のコレステロール値を抑え、糖尿病や高血圧を予防する。

 

上記の成分の中でも特にクマリンがむくみに効果的です。

 

というのも、むくみの原因でもある冷えや血行不良の改善に効果的なので、そのような症状が見られる人にはピッタリです。

 

しかし、ここで注意しなくてはいけないのが、購入際にクマリンとメリロートの含有量を必ずチェックすることです。

 

1日あたりのメリロートの摂取量は目安は300mg以下で、クマリンは4%以下でなくてはいけません。

 

もしこの摂取量を超えてしまうと、肝臓機能に障害が出るという副作用がみられてしまいます。

 

症状は皮膚に黄色い斑点が出来る黄たんや、倦怠感、頭痛です。

 

多く摂取したからといってむくみが改善するわけではないので、必ず1日の摂取量を守って服用してくださいね。

 

手に取りやすいサプリメントでもあるので、むくみが気になる方は是非使用してみてください。

 

 

私の実体験から選んだおすすめのむくみサプリは?

 

するるのおめぐ実の特徴

大人気ママ雑誌のモデルさんも使用しているむくみサプリメント。デトックス作用のあるカリウムが豊富なとうもろこしのひげが配合され全身のむくみがすっきり。定期的に摂取するとお通じにも効き、お肌の調子も良くなるなどダイエットや美容にも効果的なオールインワンサプリメント。

初回価格 980円
評価 評価5
主成分 カリウム
 
 

ホスピレッグの特徴

湘南美容外科グループの欠陥外科専門医監修のむくみサプリ。足のめぐりに良いとされる赤ワインの300倍のポリフェノールを含んだ赤ブドウポリフェノール入り。口コミでは「効果があった」「むくみが改善した」ととても評判が良く、ヨーロッパの女性のような白く美しい脚に。

初回価格 4,600円
評価 評価4.5
主成分 赤ブドウポリフェノール
 
 

Su.Ra.Ri(スラリ)の特徴

首都圏で100店舗以上もあるリラクがプロデュース。パンパンの悩みと冷え性も同時に解消、23種類もの美容エキスで女性に嬉しい美容効果。全額返金保証付なので気軽に始められるのもポイント。

初回価格 4,980円
評価 評価4.5
主成分 メリロート