放置すると怖い足のむくみ

 

私はデスクワークで一日中座りっぱなしのせいか夕方になると脚がむくみ、パンパンになってしまいます。

 

ストッキングやパンプスのストラップの跡が付くなんてまだまだ序の口。
夕方になると足首がジンジンしてきて足首がむくんできているのが分かるほど。
会社から帰る時に、朝履いてきた靴が履けなくてこのまま帰れなくなってしまうんじゃないかと本気で心配したこともありました。

 

夜寝ている時には、度々足がつってしまうこともあります。
また、朝起きた時には顔もむくんでいる時が。
家族には「今日のお母さんの顔大きいね」なんて言われてしまうこともあるんですよ。

 

脚のむくみは放置しておくと、そのまま太い脚になってしまう他カラダのめぐりが悪くなり代謝が悪くなってしまうんだとか。
代謝が悪くなると、血管やリンパ球の循環障害にもなってしまうこともあるようで、むくみを侮ってしまうのは本当に危険。
顔のむくみはほおっておくと、シミやしわ、顔のたるみの原因になってしまうんだそう。

 


どうして足はむくんでしまうの?

 

ふくらはぎの筋肉は、「第二の心臓」とも言われ、古くなった血液を心臓に戻す役目があります。
このふくらはぎの筋肉がうまく働かないと、血液やリンパの流れが止まってしまい様々なむくみの原因を作ってしまうんだそう。
カラダの余分な水分や血液が下半身に溜まってむくみとなってしまうのも、ふくらはぎの筋肉がうまく働かない事で起こるそうです。

 

むくみの原因としてよく言われる、体の冷えからくる血行不良はふくらはぎの筋肉が正常に働いていないからなんだとか。
男性に比べて筋肉量の少ない女性の方が、冷えやむくみに悩まされるのは、そういった理由があったんですね。
冷えやむくみの改善には、適度に運動を行って筋肉量を増やすことも大切だと言えます。

 

また、私のようにデスクワークなどで同じ姿勢を摂り続けた場合、太ももの裏側が圧迫されることで、血流が悪くなりむくんでしまうんだそう。
椅子の高さを低めに設定したり、足置き台を使用して太ももと椅子の座面が密着しないようにするだけでも、むくみ対策には良いそうです。

 

さらに、むくみの原因と言われているのが塩分の濃い食事。
ラーメンや牛丼、うどんなど塩分量の多い食事をたっぷり食べた翌日に、顔がむくんでしまったという経験誰もが一度はあるのではないでしょうか?

 

あと、不規則な生活が続いて自律神経が乱れるとむくみやすくなってしまうそう。
規則正しい生活とバランスの取れた食事、適度な運動が、王道ですがむくみ対策にはもちろん、健康にも欠かせないということなんですね。

 


足のむくみ解消に効果的な方法、食事は?

 

脚のむくみをとる方法として、お風呂に入っている時にふくらはぎをマッサージしてみる他、脚を高くして寝ています。
だけど、仕事や育児、子育てに毎日忙しくしていると、毎日マッサージをするなんて時間がなくとても無理。

 

朝から着圧ソックスを履いてみても夕方にはどうしてもむくんでしまう。
日中も、仕事中にこまめにトイレに行ってみる他、席を立って動くようにしてもむくみは治りません。
気持ちさえ悪くなってしまうこのむくみ、本当に何とかしたいです。

 

マッサージや運動が無理ならば、食べるものでむくみを解消しようと思い実践してみました。
むくみを解消してくれる食べ物といえば、海藻やナッツ、豆やイモ、スイカやキュウリ、明日葉、ごぼうやほうれん草などなど。
だけど、毎日むくみのことを考えて料理を作るのは難しいですし、調理方法によってはむくみに効く成分がなくなってしまうものもあります。

 

そんな時にむくみの解消ができるというサプリメントのことを同僚から聞き、試してみることにしました。

 


足のむくみ解消に効果的な成分はコレ!

 

サプリメントを試すにあたって、むくみに効果的な成分をあれこれと調べてみました。

 

まず、アボカドやバナナに豊富に含まれるミネラルの一種である「カリウム」。
カリウムには利尿作用がありカラダの不要な水分を外に出してくれる他、新陳代謝も高めてくれる働きがあるんだそうです。
私たちがふだん口にしている食材に含まれている成分なので、安心感があります。

 

続いて、ヨーロッパではヘルシーハーブと呼ばれている「メリロート」。
メリロートは漢方にもよく使われているそうです。
メリロートにはサポニンやクマリン、ケスセチンなどの成分が含まれていますが、その中でもクマリンがむくみの解消に効果があるんだとか。
クマリンは体内に滞ったリンパ液や血液の流れを良くしてくれる成分なんだそう。

 

さらに、ドイツなどヨーロッパで医薬品としても使われている「マロニエ」や「赤ブドウ葉ポリフェノール」などがあります。
マロニエは脚の血行不良を改善する効果が認められているんですって。
また、赤ブドウ葉には赤ワインの100~300倍ものポリフェノールが含まれ、血管を広げて血行を良くしてくれるんだとか。

 

身近な食品では生姜もむくみに良いんだそうです。
生姜に含まれるショウガオールは身体を温めて、むくみの原因である冷えを解消してくれるんですって。

 

いずれの成分も充分な量を毎日欠かさず食べ物で摂取するのは、かなり難しいものです。
サプリメントを利用すれば、食事にあれこれ悩まなくても手軽にむくみに良い成分を摂取することができます。
それに、忙しい時や疲れている時でも、サプリを飲むだけでむくみ対策ができてしまうお手軽さも嬉しいですね。

 


私の実体験から選んだおすすめのむくみサプリは?

 

するるのおめぐ実の特徴

大人気ママ雑誌のモデルさんも使用しているむくみサプリメント。デトックス作用のあるカリウムが豊富なとうもろこしのひげが配合され全身のむくみがすっきり。定期的に摂取するとお通じにも効き、お肌の調子も良くなるなどダイエットや美容にも効果的なオールインワンサプリメント。

初回価格 980円
評価 評価5
主成分 カリウム
 
 

ホスピレッグの特徴

湘南美容外科グループの欠陥外科専門医監修のむくみサプリ。足のめぐりに良いとされる赤ワインの300倍のポリフェノールを含んだ赤ブドウポリフェノール入り。口コミでは「効果があった」「むくみが改善した」ととても評判が良く、ヨーロッパの女性のような白く美しい脚に。

初回価格 4,600円
評価 評価4.5
主成分 赤ブドウポリフェノール
 
 

Su.Ra.Ri(スラリ)の特徴

首都圏で100店舗以上もあるリラクがプロデュース。パンパンの悩みと冷え性も同時に解消、23種類もの美容エキスで女性に嬉しい美容効果。全額返金保証付なので気軽に始められるのもポイント。

初回価格 4,980円
評価 評価4.5
主成分 メリロート